2016年8月9日火曜日

3000本安打

今、同じ時代を生きている人の中で
もっとも偉大だと思う一人は、イチローさんかもしれない。

珍しく涙目になったイチローの会見を見て、目頭が熱くなった。

「誰とも会いたくない時期があった」とコメントしていた。

孤独と戦うということは、とてもしんどいことだけど
あえて一人になりたいときはある。
ストイックに生きることは難しい。

私なんかが想像するのもおこがましいけど、
数え切れない孤独と戦ってきたんだろうと思う。

 
ーーーーーーーーーーーー

そうそう。
すんごい恥ずかしいけど、コレ何年前だろう?

ある方が、イチローさんとCM のお仕事で会うので「イチローさんの似顔絵を描いて」と声をかけてくださったので、似顔絵が苦手ながら数枚描いてお渡しした。

あまり似なかったので恥ずかしかったのだけれど、その方は、似顔絵の1枚をイチローさんに渡し、1枚はサインを貰って私に返してくださったのです。

イチローさんは「これ、ネットオークションで売らないでね?」と言いながらサインしてくださったそうです。

そんな訳で、この下手な似顔絵は、思いがけず「世界に1枚しかないご本人のサイン入り」という貴重な宝物になったのです。

これまでも、何度か売って欲しいというメールや電話をいただいたりしますが、お約束通り、生涯誰にも売るつもりはありません。


この絵を見るたび、未熟だった自分の技術を呪いたくなるけど、このサインは「もっと上手くなれ」というイチローさんからのエールだと勝手に解釈して、いつかもう一度、今度は水彩で、イチローさんの似顔絵を描きたいと思っています。

今描いても、当時よりはマシな似顔絵が描けるとは思うけど、もっとちゃんと「成長しましたよ!」と大声で言えるようになってから描きたいと思っています^^;



2016年7月9日土曜日

着物を格好良く着れるようになりたいねぇ。

最初の頃は、1日1枚 水彩の習作を描けたらいいなぁと思っていましたが
ここ数年、春から夏は繁忙期みたいで...仕事に追われて、全然無理っす(笑)

これは5月ごろに描いた1枚。
小さい紙なので、瞳を描くの大変でした。これが精一杯。




そうそう、歌舞伎を見に行ってきました。


最近、何かあればできるだけ着物をきたいと思っておりますが
もう少し格好良く、粋に着こなしたいですねぇ。

ん?
格好良く着たければ、体系をなんとかしろって?

...それは確かにそうかも^^;


あと、次からは胸もサラシで潰した方がいいですね。

夏の着物は、軽いから浴衣より楽ですな〜。

2016年3月5日土曜日

今日の水彩

男の子も描いてみる。

紙:アルシュ
絵の具:ウィンザーニュートン

2016年3月2日水曜日

ヌードクロッキー



ヌードクロッキーをしてきました。
モデルと絵描きの熱いバトル。

やっぱモデルがいると良いなぁ〜。








やっぱりアルシュが好き

やっぱりアルシュが好き。

紙:アルシュ
絵の具:ウィンザー&ニュートン

2016年2月25日木曜日

自分メモ::TAC値(インクの量)を320%以下に

原稿制作において
JMPAカラーに準拠した「PDFの設定ファイル」というのを使うことがありますが 、
これを読み込んでいるにもかかわらず、
書き出したJ-PDFのプリフライト解析で、TAC値が320%以下に収まらない事がある。

TAC値は327.684%だったので、7.684オーバーという事になる
カラー設定をJapan Web Coated (Ad)に変更したり、
オブジェクトのリッチブラックを排除したり、濃色のKを減らしたりして
使用しているオブジェクトのTAC値が320%を超えていないのを確認したけど、
結果は、321.1%
あと1.1%オーバーが直せない。

あと1.1%どうやったら減らせるのか?

真夜中、いやもう明け方か、何時間もデータを向き合ったまま
・イラレのカラー設定は? →Japan Web Coated (Ad)になっている。
・提供されたプロファイルは? →間違いなく読み込んでいる。
・使用しているオブジェクトのカラー →TAC値(320%)を超えていない。
あとは、
埋め込み写真をフォトショップで開き直して設定をチェックしたり、
イラレ上のオブジェクトやテキストのカラーをチェックしたり、
計算機を持ち出してインク量を計算してもみたが、インク量は320%を超えていない。

同じ工程を何度も何度も繰り返しチェックするけど、ラチがあかない。
時間は無情に過ぎていく。

プロファイルは、指定済み。
カラー設定は、設定済み。
なら、まだ手をつけていない部分で他に何かできる事はないか?

見つけましたよ!!

イラレの「PDFプリセット」という項目をチェックしたら、
JMPAカラーの設定プロファイルが読み込まれているのに、指定されていなかった。

というわけで、イラレの「PDFプリセット」で、
最新の送稿用プロファイルを指定してから再度書き出したら
TAC値は320%以下に収まっており、プリフライト解析のエラーが消えていました。

そういうわけで、
PDFプリセットのチェックを忘れたらまたエラい目に合いそうなので
自分メモとして残しておきたいと思います。

ーーーーーーーーー
追記


追記:
同じ要領で、若干サイズの大きなデータを制作した場合、
サクサクっといくのかと思いきや、なぜか、320.00926でエラー。

0.1以下なんだから、四捨五入してくれればいいのに...むにゃむにゃ...><

イラレのソフトって、TAC値のコントロールが出来ないので
支給されたプロファイルに従ってPDFに書き出すことになるのだが

解決策は、そのプロファイルをカスタムするところにありました。




2016年2月24日水曜日

GOROさんの絵を買っちゃいました^^

今回の出張で、佐々木悟郎先生の個展にお邪魔してきました。



最終日だったのですが、間に合ってよかった〜。

久しぶりの再会にもかかわらず、温かく迎えてくださり感謝。
GORO先生って呼んでいたのですが「先生って言わないで、GOROで。」と言ってくださったので、緊張しちゃいますけど、これからは「GOROさん」と呼ばせていただく事にしました。

画材を水彩に変えてまだ1年ちょっとの私ですが
GOROさんの絵には学びがいっぱい。

GOROさんの絵に、風を感じます。
いつまでも眺めていられる。
ため息が出る。

1枚、1枚、穴があきそうなほど眺めているうちに
手元に欲しくなっちゃって...
お店の20周年記念として飾る絵を5つに絞り込んだのですが
そこから絞れなくて。

最後は、GOROさんに決めていただきました(笑)

GOROさんは、これまで3度描き方を変えたそうで
一番新しい変化(3回目)にあたるのが、2010年だそうで、
その流れをくむ灯台の絵をいただく事にしました。

やっぱり、絵って、
作者の思いが深い絵を買わせていただくのが
一番値打ちがある気がします。

こちらが、購入を悩んだ絵。



購入した絵(灯台)とGOROさんと一緒に、記念撮影(笑)